区子育てサービス利用者支援事業

 平成27年4月から「子ども・子育て支援法」と関連法に基づく「子ども・子育て支援新制度」が、本格的にスタートしました。新制度のために、消費税が10%になった際の増収分から、毎年7,000億円程度が充てられる予定となっています。

 この新制度では、①幼稚園と保育所の良いところを一つにした「認定こども園」の普及、②保育の場を増やし、待機児童を減らして、子育てしやすく働きやすい社会の実現、③幼児期の学校教育や保育、地域の子育て支援の充実、④子どもが減少する地域の子育て支援などに取り組むこととしています。「東淀川区子育てサービス利用者支援事業」は、③の地域の子育て支援の一つとして取り組まれているものです。

○利用者支援とは…

 子ども及びその保護者又は妊娠されている方が、幼稚園・保育施設、各種の子育て支援制度、地域の子育て支援事業(子育てサロン、子ども・子育てプラザ等)を円滑にご利用いただけるよう、専門職の「相談支援員」がサポートします。

○具体的な取組み

・子育て中のご家庭のニーズに合わせて、保育所等の施設や地域の子育て事業から、必要な支援を選択してご利用いただけるよう、情報提供や相談援助をします。

・保育士の資格を持つ「相談支援員」が、区役所出張所、各子育てサロン、子ども・子育てプラザなどでご相談を受けます。

・子育ての総合的な窓口として、子育て中(妊娠している方を含む)の方ならどなたでもご利用いただけます。※子どもは0~18歳までが対象となります。

○お電話でのお問い合わせ

06-6195-3732までお問い合わせ下さい。※受付時間は月~金:9~17時まで